CG ROBOT RACING TEAM

CGロボットレーシング F3/GR 86BRZ
CG ROBOT RACING TEAM

CGロボットレーシング F3/GR 86BRZ

(クリックで拡大)


(クリックで拡大)


(クリックで拡大)


(クリックで拡大)


(クリックで拡大)


(クリックで拡大)


(クリックで拡大)


(クリックで拡大)


(クリックで拡大)


(クリックで拡大)



Team Topics


1)GR 86/BRZ RaceのプロフェッショナルクラスにSUBARU BRZ 2台、クラブマンクラスに1台の計3台体制で参戦します!
プロフェッショナルクラスのドライバーはSUBARU GT300ドライバーである井口卓人選手と今年度よりArnage RacingよりGT300クラスに参戦する久保凜太郎選手の2名です。クラブマンクラスには、2015年クラブマンクラス初のシリーズチャンピオンに輝いた遠藤浩二選手がBRZで連覇を目指します(菅生から参戦予定)。メンテナンスを担当するファクトリーはニュル24時間レースも戦っているプローバ。SUBARUディーラーのメカニックも各レースに馳せ参じてくれます。タイアはブリヂストン POTENZA、ホイールはENKEI、オイルはTOTAL、シートはRECARO、ブレーキはProject μ、クラッチはEXEDYと優勝を狙えるサポートを頂くことができました。目指すは「BRZ初優勝」です!

2)Super GT GT300クラスにArnage Racingと共に参戦します!
凜太郎選手がArnage Racing(GT300クラス #50)に第2ドライバーとして参加し、ODYSSEY SLS(Mercedes)を駆って2016年GT300シリーズを戦います。チームメイトは安岡秀徒選手(第1ドライバー)と加納政樹選手(第3ドライバー)。共に昨年度このマシンを走らせている頼れるベテランです。2016年は欧州メーカーの新型GT3車両が多数参加してきていますが、チームは信頼性の高さを武器に「全戦完走・ポイントゲット」を目指していきます。
シリーズ第1戦@岡山では、凜太郎選手はデビューレースにもかかわらずスタートドライバーを担当。エンジン不調により予選24番手でしたがピットインまでに6ポジションアップし18位で安岡選手にバトンタッチ。ピット作業のタイムロスを安岡選手が45周のロングランで挽回し18位に戻してフィニッシュしました。車の特性を考えると苦手なサーキットでしたが幸先の良いスタートとなりました。凜太郎選手は、先輩たちから多くのことを学べたようです。まずは日本の最高峰のレース・Super GTのレース・マシンを習熟することが肝要です。ライバルたちは強力ですのでチームワークの良さで勝負していきます。

3)自動車雑誌のオーソリティである「CAR GRAPHIC」毎号でレース活動がレポートされます。

「CG」編集部で長年レース取材を行っている早田禎久記者が毎号2ページでレース模様をレポートしています。文体は創刊50周年の歴史ある雑誌に相応しい独特のもので多くの車ファンを魅了しています。カメラマンはレース撮影経験が豊富な高橋信宏氏・佐々木純也氏・吉見幸夫氏・服部真哉氏が担当。臨場感あふれるシーンをお伝えします。
もともと映画・アニメ・声優関係者の多いCG ROBOT RTなので自ずと情報発信力を持っており、本格的なレース活動も9年目となりました。自動車業界の中で独自のポジションを確立してきております。

4)チームのアカウント業務を株式会社東急エージェンシープロミックスに業務委託しました。
女子プロゴルフトーナメントなどのスポーツアド経験豊富な東急エージェンシープロミックスに集広・出納業務をお願い致しました。チームが飛躍し継続していくためにしっかりと協業していきます。

チーム概要
JAFエントラント名:
CG ROBOT RACING TEAM
TEAM DRIVERS:
井口卓人(SUBARU BRZ)
久保凜太郎(SUBARU BRZ / Super GT300 Series / TRD Rally Challenge)
遠藤浩二(SUBARU BRZ / 作曲家)

三木眞一郎(声優、KART)
浪川大輔(声優、KART)
三間雅文(音響監督、KART)

TEAM “LEGEND” DRIVERS:
五十嵐勇大(国際F3000、全日本カート選手権)
梅垣博至(EURO&全日本カート選手権)
TEAM SUPERVISER:
加藤哲也(株式会社カーグラフィック代表取締役社長)
田口遼太郎(富士重工業株式会社)
津田耕也(スバルテクニカインターナショナル株式会社)
奥田健蔵(株式会社東急エージェンシープロミックス)
TEAM DIRECTOR:
山本真一(株式会社プローバ)
TEAM DESIGNER:
橋本誠二(AZABU SHAFT代表)
北嶋秀彦(株式会社ビラコチャ)
TEAM FACTORIES and MECHANICS
プローバ(SUBARU BRZ プロクラス):
佐野泰弘(チーフメカニック)
山崎登(#87担当メカ)
大山望(#88担当メカ)
TIRacing(SUBARU BRZ クラブマンクラス):
井圡智洋(遠藤選手担当メカ)
レーヴカートサービス(レーシングカート):
大久保弘之、山崎新平(K-TAI担当メカ)
TEAM PHOTOGRAPHER:
服部真哉、佐々木純也、吉見幸夫、小河原認、
高橋信宏、加藤純也、久保雅一
TEAM WEB DIRECTOR:
山崎香織(SMDE)
CG ROBOT RT事務局:
久保健(株式会社カーグラフィック)
千保悦子(株式会社東急エージェンシープロミックス)
久保雅一(Team Photo広報担当)